無料ホームページ アルバイトうずしお太郎の叫べ「きゃぉら!」
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
水曜日、前回書いた交通量調査行ってきた。

ツル、マッキー(2人とも大学の友達)、うずの3人。

24時間正直なめてたね。

ちょっとした徹夜じゃんみたいな。

朝の集合は、4時。

前日睡眠うず、ツル3時間。

マッキー貫徹・・・

Mづきで買い物。いざ現場へ・・・

僕らの性格かはたまた眠たさによる弊害か

地図さへ見なくF宮市へ。

はい、ついたものの場所不明。

急いで、もらった地図確認。

みんな方向音痴。

偶然見つけたコンビニで教えてもらい開始2分前に現場到着。



交通量調査って基本的には

ある程度の基準のある5車種を機械使ってカウントしていくだけ。

例えば、2輪とか乗用車とか

でもねはじめは意外と判断できん。

見た目が微妙なやつってナンバーで判断するんだけど

慣れるまでは結構大変なのよ。

そこまで厳密な判断のもとできるかと言えば疑問。


現場ひたすら寒い、臭い、コンビニ、トイレ無し。

誓約書には、飲食禁止の文字。

つまり、死ねということですか?

だって、某ICのちょっと開いてるスペースなんだもん(トラックの運転手がたまに寝てるとこ見たいな所)。

つまり、はじめにスーパーで買ったのも以外

誰かが車の乗って買出しいかなあかんわけ。

しかも後で分かったのだが最寄のコンビニって行きと帰りで30分つかうんだよ・・・

ちなみに、シフトって2時間測定1時間休憩。

つまり、2人測って1人休憩ね。

買出し行くとね・・・実質休憩半分。

僕らは友達同士でそこの所は融通利かしたりして大丈夫だったんだけど

なんせ、誰も行きたがらないだよね。

12時間越えるあたりから

なぜかみんな口が半開きで無言(笑)

用意した漫画とか本とか見る気分すらならず。

カチ、カチという悲しい音。

記録簿のマスを埋めるたび

残り時間の多さを感じる絶望感。

そして、ひたすらカウント。


測定の後半、23時頃。

同じ学科のMなぜか仕事帰りなのに、遊びに僕らのICへ。

このあたりで久しぶりに会っていろいろ話とかして

もう1回テンションを上げる事に成功。

が・・・

M仕事の疲れからか2時前には就寝(結局朝7時まで寝てた。次の日の仕事に間に合ったかは怖くてきけません。)

朝の7時まで後5時間。

僕らは、最後にドライバーしてくれる人は5時間の睡眠って決めてたから

残り5時間はぶっ通しで、うずとツル。

自分の意思とは無関係に襲う物凄い睡魔。

途中、カウンターを握り締めたまま

ほぼ気絶状態のツル。

ここで自分が寝たらと朦朧とした意識の中でツルの指ごとカウントをするうず。

ツルも起きたり、意識飛んでたり・・・

かのうずも20分ぐらい意識飛ぶも

偶然の寒さで起きたマッキーのおかげでカウント再開。


そんなわけで、24時間終了。

行きの時間帰り時間合わせると28時間。

その後、うずは1コマからゼミ。

その後中間発表打ち上げ準備。

過酷きわまり無い怒涛の2日でした。


個人的にこのバイトオススメできません。

場所とかによるかもしれませんが

友達同士でも結構きつい。

他人同士だとなおさらだと思います。

サボればいいじゃん?って思うかもしれませんが

ランダムで見回りくる。

朝の3時半ですら着たし。

これで2万円。

個人的に安い。

もう誘われても2度とやりません。

日払いってのはでかいですが

弁当の支給とかなくて

拘束時間長すぎですから。

まあ、終わってみれば

いい思い出になったと思いたいです。


最後に

鏡を見たとき目の下にありえないクマができてたとさ(笑)





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。